株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン

幼いころから好きだった
ゲームの世界へ

東京本社勤務
プロモーション部 
2017年 入社

S.N

幼いころから好きだったゲームの世界へ

幼いころから好きだったゲームの世界へ

いざ就職活動となった時にどういう業界で働きたいか考えたんですが、普段からバシっとスーツを着るような仕事はあまり向いてないなと思いました。それでエンタメ寄りの仕事、なかでも小さい時からずっと好きだった、ゲーム業界を志望しました。
実はもともとはプランナー志望で、他のゲーム会社を何社か受けたりインターンに参加したりしていたんですが、当時アンビションが開催していたマーケティングセミナーを受講したのがきっかけで、ゲーム会社のマーティングについて知りました。最終的に「あれ?プランナーよりこっちの方が向いてるかも?」と思い、宣伝広報に関わる部署を志望しました。
入社を決めたのは、元々アンビションのゲームが好きだったっていうのもありますし、説明会や面接の時に社員の方と接して、ゲーム好きな人なんだな、あったかい雰囲気だな、この雰囲気は自分に合うなって思ったのが強いですね。長く働いていくにはやっぱり自分の持つ雰囲気と似ている方が働きやすいんじゃないかと思います。

刻一刻と変わる状況に合わせて多岐にわたる業務を担当

刻一刻と変わる状況に合わせて
多岐にわたる業務を担当

アンビションのプロモーション部の特徴でもあるんですけど、例えば「Web広告担当」とか明確に決まっている訳じゃなくて、全部の事を一通りできるようにするっていうのがあるので、Web広告の運用もしますし、広告用のバナー等をそのまま自分で作っちゃうこともあります。その他にもリアルイベントの企画を考えたりとかもしますし、他社さんとの折衝もやりますね。何か交渉したり監修をお願いしたり、グッズの企画を監修したりとかそういうやり取りもしています。
ずっと同じことをやっている訳ではなく、刻一刻と状況が変わっていくような業界なので変化が好きな人には向いている仕事だと思います。

1から考えた企画が
色々な人の協力で形になるとき

1から考えた企画が色々な人の協力で形になるとき

プロモーション部ってその部署だけだと何も完結しないんです。
私は創作的なことが好きなので1からプロモーションの企画を考えて、それを例えばプランナーさんに「こういう企画を考えたんですけど大丈夫そうですか」と相談したり、グラフィックデザイナーさんに「こういう素材が必要なんですけど」ってお願いしていったものを、最終的にひとつの形にしてユーザーさんに公開して、それを喜んでもらった時はすごく楽しいと感じます。
こう言うと人と関わり合う仕事が好きと思われそうですが、実は…めちゃめちゃ引っ込み思案で…家で一言も発さずネットゲームにソロでこもってるほうが本当は好きです(笑)ただ仕事をする上では割とそこは大丈夫って言うかアンビションの人はみんな優しいしあったかいので、慣れていったのかもしれません。

成長できる環境で

アンビションはひとつひとつの物事を思考停止せずに考えることを重視してる会社なので、個人個人がちゃんと成長できる環境だと思いますね。上の方もすごくおおらかでちゃんとスタッフのこと考えてる方が多いので、「企画書を見てください」というのも気軽にできる雰囲気です。

求職者へメッセージ

プロモーションの仕事を目指すなら、色々な会社のキャンペーンなどを見て「これはどんな人向けに、どういう効果を狙って、どれくらいのお金をかけているのか」というのを考えることは、今のうちからやっておくといいのかなと思います。
「こういう企画をやりたいです」だけでは予算もかかることなので実現することは難しいです。先ほど言ったような分析ができれば説得力のある企画になると思います。
あとはゲーム業界の最新の情報も追っておくといいと思いますね。
プロモーション部は今のメンバーがそろってからやっと1年たつところです。最初は私以外みんな未経験でバタバタすることもありましたが、今はだいぶ落ち着いてきました。メンバーの第一印象は「柔らかい」雰囲気ですけれど、全員トガった趣味や個性があります。一緒に働くことになったらぜひ声をかけてみてくださいね。突っ込んだ話をすると目の色が変わると思うので(笑)

careers